アレルギーとアレルゲン
(2014.12.22改定)

アレルギーとは、食品に含まれる成分によっておこされる過剰な免疫反応を指し、アレルギー反応を引き起こす原因物質をアレルゲンといいます。

また、アレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち、発症数、重篤度から表示の必要性の高い7品目を特定原材料としています。

必ずお読みください

アレルゲン情報

この情報は、食品衛生法でアレルギー物質を含む商品として定められた食品について、商品の原材料を調べたものです。

1.表示範囲
  • 特定原材料 7品目

    卵/乳/小麦/そば/落花生/えび/かに

  • 表示を推奨する特定原材料に準ずるもの 20品目

    大豆/牛肉/鶏肉/豚肉/アワビ/イカ/いくら/さけ/さば/オレンジ/キウイ/もも/りんご/マツタケ/山芋/くるみ/ゼラチン/バナナ/カシューナッツ/ごま

2.表示方法

◯:原材料に使用しているもの

▲:原材料の製造工場において混入する場合があるもの

3.ご注意いただきたい点

厨房内では通常調理器具を使用しております。

店内で洗浄した食器にて盛り付けをしております。

上記2点をご理解の上、コンタミネーションには十分ご注意いただき、ご利用の際は担当医とご相談の上
お客様ご自身が最終的にご判断ください。

〈コンタミネーションとは〉

原材料として使用していないにも関わらず、調理、提供の際にアレルギー物質が微量混入してしまうことを言います。アレルギー物質の微量な混入

でも体調等によりアレルギーを発症する場合があります。過敏な方、症状が重篤な方は特にご注意ください。

4.備考
  • 一部の店舗では取り扱いのない商品がございます。
  • 店舗により、一部使用食材が異なる場合がございます。詳細は店舗までお問い合わせください。

パーティーコースの
アレルゲン情報

アルバイト募集